名古屋近郊の株式会社設立を支援する名古屋市東区の司法書士事務所-電子定款Q&A

How to 会社設立

» »


よくあるお問い合わせ Q&A

 03.株式会社について >>定款について >> 電子定款

  Q.会社設立時によく耳にする「電子定款」とは何ですか?
  Q.自分で電子定款を作成できますか?


  会社設立時によく耳にする「電子定款」とは何ですか?
Answer 電子定款は、「PDF形式の情報」で作成される定款です。
電子定款の認証手続は、法務大臣の指定した公証人(指定公証人)によって行われます。認証手続の際、公証役場に提出する電子定款に係る情報は、「紙」ではないため課税文書に当たらず印紙税が不要となります。つまり、会社設立にかかる費用のうち印紙税4万円を節約することが出来るのです(※)
ただし、定款を「PDF形式の情報」で提出するには、電子公証制度を利用するのですが、そのためには事前に一定の設備の導入が必要となります。
また、電子認証に対応していない公証役場(指定公証人のいない公証役場)もありますので注意が必要です。
なお、弊事務所は、定款の電子認証に完全対応しております。
(※)【書面による定款の認証手続】
定款の作成者(発起人等)の全員が、紙媒体の定款(原本)2通を公証役場に提出する方法による認証手続です。うち1通は、定款認証後、公証役場に保管されます。
公証人の手数料・謄本代のほかに印紙税4万円が必要となります。

  自分で電子定款を作成できますか?
Answer ご自分で電子定款を作成することも可能ですが、専用署名ソフト等の購入、公的個人認証の取得や電子証明書の発行手続など、かなりの手間とコストが必要となります。
会社を1社設立するだけでは、印紙税4万円の節約どころか、逆にコストが掛かってしまいます。
電子認証に必要な手間暇やコストを考えますと、電子定款に対応している専門家に依頼されることをお勧めいたします。



会社設立を自分でする場合の5つの落とし穴会社設立登記をリーガルコンパスに依頼する10大特典株式会社 合同会社(LLC) 有限責任事業組合(LLP)よくあるお問い合わせ
 ・ 会社設立全般について
 ・ 会社の印鑑について
 ・ 株式会社について
    ・ 発起人について
    ・ 定款について
       ・ 総論
       ・ 電子定款
       ・ 記載内容
          ・ 商号
          ・ 目的
          ・ 本店
          ・ 公告方法
          ・ 株式
          ・ 役員(機関)
          ・ 計算
    ・ 出資について
    ・ 必要書類等について
 ・ 合同会社(LLC)について
 ・ 有限責任事業組合(LLP)
    について

 ・ 会社設立後の手続き
    について

 ・ 会社の運営・その他
    について

   会社設立後の登記手続リーガルコンパスのネットワークお客様の声お気軽にお問い合わせくださいブログ




司法書士事務所リーガルコンパス
461-0003 愛知県名古屋市東区筒井3丁目26番10号 リム.ファーストビル4C   TEL/052-937-5185  FAX/052-937-5186 Google+ Google+
 遺産相続